スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<雑記帳>完走者はコシヒカリ食べ放題 新潟・南魚沼(毎日新聞)

 魚沼コシヒカリの産地、新潟県南魚沼市で12日、完走者は炊きたてのコシヒカリが食べ放題となる「第1回南魚沼グルメマラソン」が開催された。

 南魚沼の自然や魅力をPRしようと、市や青年会議所などの実行委員会が企画。ゴール後に特製の茶わんを渡された参加者は、川魚の塩焼きやアスパラガスの肉巻きなど特産品をおかずに、次々とご飯をお代わり。用意した540キロが、3000人の胃袋に次々と収まった。

 東京都青梅市、会社員、茂木貴紀さん(25)は「走った後のビールもおいしいけど、ご飯も最高」と笑顔。やっぱり新潟は「麦」よりも「米」のようだ。【塚本恒】

武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)
“タレントの卵”誰が食い物に…淫行で立件のアート元会長、泥沼訴訟の高い代償(産経新聞)
国会 会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
荒井氏を厳重注意=「事務所費の使途不適切」―仙谷官房長官(時事通信)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
スポンサーサイト

首相退陣は安易と枝野氏=仙谷氏、社民と連携模索を(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は30日、鳩山由紀夫首相の退陣を求める声が民主党内から出ていることについて「自民党が駄目になったのは、トップの首をすげ替えて打開するという手を取ってきたからだ。特に、(民主党)内部から、首をすげ替えて人気を高めようという安易な手を取ることはあってはならない」と述べ、首相退陣に反対の考えを示した。新潟県三条市で記者団に語った。
 枝野氏はさらに「これをやれば飛躍的に支持が回復するという魔法の種はない。地道にこつこつ積み重ねていく以外に状況を打開する道はない」と強調した。
 一方、仙谷由人国家戦略担当相は大分市内で記者団に対し、党内の首相退陣論に関し「高まるのかどうか、やむを得ないからこれでいこうという声も多いかも分からない。どういう声が表に出てくるのかじっくりと見極めたい」と語った。
 連立政権からの離脱を決定した社民党との関係については「選挙についても政策についても協力すべきは協力するということでやるべきだ」と述べ、引き続き連携を模索していく必要があるとの考えを示した。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕社民、連立離脱を決定=全国幹事長会議
社民の決定事項
社民、連立離脱を決定=全国幹事長会議
執行部、連立離脱提案へ=社民全国幹事長会議
終盤国会厳しく=不透明感増す参院選後

来月4日にも制限解除=宮崎県えびの市圏域―口蹄疫問題(時事通信)
みんなの党 参院選 「カリスマバイヤー」藤巻幸夫氏擁立(毎日新聞)
福島氏は首相判断尊重を=岡田外相(時事通信)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
赤松農相の不信任案、与党の反対多数で否決(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。